歯科で歯を綺麗にする

歯石除去を行う歯科用器具

歯科で歯のクリーニングを受ける

いつまでも自分の歯で食事をし、健康でいるように努力しても、歯のブラッシング、フロスなどでは落とせない歯石があります。歯石は細菌の塊なので放置しておくと歯周病になったり、口臭の原因になります。そのために定期的に歯科へ通い、クリーニングが歯石取りをしてもらい口の中の細菌を減らしておくことが大切です。歯石はスケーラーという歯科専用の器具を使って取り除きます。なれないと痛みを感じることがありますが、歯石取りをすると歯がすっきりするし引き締まったようになります。歯の状態によって3か月に1度はクリーニングを受け、自分の歯を守りたいものです。

スケーラーという器具の使い方

スケーラーとは、歯石を除去するために用いられる歯科用器具のことです。スケーリング、ルートプレーニングという歯科の処置に用いられます。そのほかにも病的な肉芽組織の除去に使用される場合もあります。種類としては、手用スケーラー、超音波を利用したもの(超音波の振動と水を使って歯石を取り除く)、エアータービンハンドピースに付けて使用するもの(主に歯肉縁上の歯石除去で使用されることが多い)などがあります。刃部の形は、数種類あります。鎌型、ヤスリ型、ノミ型、鍬型、鋭匙型などの種類があり、これを使い分けします。

新着情報

↑PAGE TOP